熊本ロケ実施の台湾ドラマ記者会見


弊社もサポートさせていただいた、熊本ロケを行う台湾ドラマの記者会見が6月21日に県庁で行われました。

監督の王公誠さん、出演者のチュアン・キャッシュさん、ヨォ・ハンシンさん、柴本幸さん、日本ロケプロデューサーの小坂史子さんらが記者会見に臨まれました。

熊本県内ロケ地は夏目漱石第三旧居・水前寺公園・路面電車・オレンジ鉄道・三角駅の海のピラミッドなど。

ストーリー概要
台湾にある架空の町、八代で生まれ育ち植物学者を祖父に持つ主人公[小岩]は都市開発デザイナーとして日本(熊本)と台湾を往復している。父の私利私欲により生まれ育った実家家屋が売却されることを心配し、台湾の実家に戻ることになる。小岩の奥さんは熊本で知り合った[香織]。結婚し台湾で生活する二人は次第にすれ違い、離れて行くことに。そんな時に知り合ったのがアロマ研究をする台湾人の[大顔]。実家家屋の利権争いによる人間関係と複雑に絡み合う恋愛関係が交錯する恋愛ドラマ。
王公誠:監督

2017年の秋頃に台湾にて放送予定。