訪日旅行がスマートフォンひとつで完結する周遊パス&マルチ決済サービスを提供

弊社はこの度、日本ユニシス株式会社(社長:平岡昭良)を中心としたプロジェクトに参加し、以下のとおり実証事業を行います。熊本を訪れる外国人旅行者がスマートフォン(専用アプリを利用)ひとつで買い物、飲食、周遊を完結できるようサポートし、消費効果等を検証する日本で初めての試みとなります。
熊本県内63の参画店舗での実証事業を行った後、県内参画店舗を拡大のうえ事業の本格実施を図り、訪日外国人旅行者のみならず地域住民や観光関連事業者等のキャッシュレス環境向上ならびに、効果検証に基づいた新たなサービスの創造を通じて、地域活性化に繋げます。

1.事業名称
「 IoT活用おもてなし実証事業『負けんばい熊本』 」

2.実証期間
平成29年8月25日(金)~平成29年12月24日(日)

3.事業内容
(1)専用アプリ「Japan Local City Card KUMAMOTO」による特典・情報発信・決済サービス
【訪日旅行者にとって】
・熊本駅および桜の馬場城彩苑の観光案内所にて、今回開発した専用アプリ「Japan Local CityCard KUMAMOTO」(以下、本アプリ)をスマートフォンにダウンロードすることで、参加店舗での割引や特典などが受けられ、さらに地図情報・観光情報等も利用できることから、本アプリひとつで熊本観光を楽しむことができる。
・また、本アプリは参画店舗(別紙)で利用できる決済機能を備えており、訪日旅行者は円滑に購買を行うことができる(今回は予め1,000円/人をチャージ済)。

【参画店舗にとって】
・参画店舗が保有するスマートフォンを登録・設定することで本アプリに対応した決済端末として利用することができる。これによりクレジットカード等のキャッシュレス決済に対応できていない店舗での消費向上が期待できる。
・さらに、中国国内等で拡大している決済サービス「Alipay(アリペイ)」の使用希望者向けの決済が可能となり消費向上が期待できる。

さらに詳しくはコチラをご覧ください